前へ
次へ

会社経営で管理者教育も重要です

スムーズな会社運営を行うためには社員教育は重要ですが、新入社員や若手社員の教育だけでは片手落ちです。経験豊富な管理者も教育が必要となっています。特に労務管理に関しては、会社の命運を左右する重要な項目です。なぜなら、日本でも上司によるパワハラやセクハラ、マタハラなどが大きな社会問題となってきているからです。又、不当残業や長時間労働についても大きく取り上げられています。しかし、管理職でも労務管理の法律については良く理解していない人が多く、知らず知らずの内に法律違反をしてしまう場合があります。たとえば、育児のための短時間勤務を認めなかったり、36協定を超えた残業時間を強制する場合もあります。パワハラなどで、訴訟問題となれば会社の信用問題となります。そのため、法律に沿った適正な労務管理が必要となります。又、近年心の病で職を離れる人も増加しています。部下の心の病を防ぐためには、管理者のラインケアが重要になります。このように、様々な労務関係の管理をスムーズに行うために、管理者研修が必須になっています。

Page Top