前へ
次へ

教育費はどのくらいかかるのか予測が立てにくい

教育費というのはどのぐらいかかるのかというのは学校をどこにするのかということによってだいぶ違ってくることになります。習い事などの費用喪含めて考えてもやはり学費が最もウエイトが高いということになりますのでどのような学校に通うことになるのかによってだいぶ学費が変わってくることになります。端的にいってしまうと要するに私立であるのか、公立であるのか、ということです。これでだいぶ違うことになりますのでどのような予測を立てて教育費を積み立てておくのかというのはかなり難しい問題になります。それに親が死ぬと言う事もあります。ですから、本当にどうすればよいのか考えるのは大変ですが無難によいこととして保険があります。学資保険というのがありますからそれにとりあえず加入しておけばいくらかは積み立てておくことができるようになります。場合によっては奨学金で、ということもできるわけですがとりあえず学資保険です。これに加入しておきましょう。

Page Top